CBDオイルとは?その効果や使い方・適切な摂取量も紹介

CBDオイルとは、大麻草由来の「カンナビノイド」という成分を抽出・配合したオイルのことです。ストレス緩和やリラックス効果が得られるなどのメリットがあるといわれています。「最近CBDオイルとよく耳にするけれど、どういうもの?」「リラックス効果があると聞いて気になっているけれど、どうやって使うの?」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、CBDオイルとは何か、期待される効果やメリット、種類、使用方法などについて詳しく解説します。1日の摂取量目安や使用時の注意点も解説するため、ぜひ参考にしてください。

CBDオイルとは?

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草に含まれる「カンナビノイド」という物質の一種です。詳しくは後述しますが、同じくカンナビノイドのひとつTHC(テトラヒドロカンナビノール)と異なり向精神作用を持たないのが特徴です。頭痛や筋肉痛などの痛みをやわらげたり、ストレスを緩和してリラックスしたりできると期待されています。

 

CBDオイルは使っても大丈夫?THCとの違い

大麻草に含まれている生理活性物質(カンナビノイド/ごく微量でも生物の生理機能に作用する物質のこと)は100種類以上あります。そのなかにはCBDや、日本では違法なTHCという成分も含まれています。

 

THCは人間の精神に大きく働きかける作用があり、摂取すると多幸感が得られていわゆる「気分がハイになる」状態になったり、逆にとても気分が落ち込んでしまったりする傾向があります。このような作用を持つことから、日本では大麻取締法によってその保持や利用は違法とされています。

 

CBDオイルで期待できる効果・メリット

CBDには、私たちの生活に役立つさまざまな効果があります。人間には本来「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」という機能が備わっており、食欲、痛み、運動、免疫などの多くの身体機能をコントロールしています。しかし、ECSの働きが老化やストレスなどによって衰え、体内のカンナビノイドが欠乏すると、さまざまな疾患の原因となります。

 

CBDを補えば、体内カンナビノイドのかわりにECSに働きかけ、体の機能をキープできます。具体的に期待される効果・メリットを次で解説します。

 

ストレス緩和・リラックス効果 

CBDには、本来もつECSの機能を整えながらストレスをやわらげ、リラックス効果をもたらすという、現代人に嬉しいメリットがあります。心身がリラックスできるため、ストレスが原因で生じる不調も改善できるといわれています。

 

不眠症改善

不眠症はストレスや、悩んでしまいがちな性格などが原因で生じやすいです。CBDでストレスが緩和しリラックスできるようになると、自律神経のバランスが整い、「あまり眠れない」「寝つきが悪い」といった悩みの改善が期待できます。

 

頭痛緩和 

頭痛は、生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレス、肩こりなどの原因によって生じます。CBDには、鎮痛作用やリラックス効果のほかに筋肉のこわばりをやわらげる作用があり、頻繁にやってくる辛い頭痛に効果があります。

 

癲癇(てんかん)への効果 

癲癇は急に気を失ったり、痙攣(けいれん)を起こしたりするのが一般的です。アメリカに住むシャーロットちゃんという少女は、重い癲癇を患っていました。何をしても症状に改善がみられなかったシャーロットちゃんがCBD製品を試したところ症状に改善がみられた、というのが、癲癇に効果があるといわれている大きな理由です。

 

肉体的疲労の緩和 

CBDが炎症や痛みをやわらげるといわれていることから、近年では運動後の疲労や筋肉痛のケアにも活用できるとスポーツ業界からも注目を集めています。ドーピングの対象外でもあり、愛用しているアスリートもいるようです。

 

炎症・アレルギー症状の改善 

CBDには抗炎症作用があるとされており、アレルギーによる炎症にも効果が見込めます。また、炎症やアレルギー症状が出ているときにありがちなストレスをやわらげるというメリットもあります。

CBDオイルの種類と使い方

さまざまな効果が期待されているCBDオイルですが、実際どのように使えばよいのでしょうか。次で解説します。

 

舌下に垂らす 

舌の下部にCBDオイルを垂らし、口に含んだまま1~2分とどめておきます。その後は普通にオイルを飲み込んでください。舌下摂取は、ほかの使い方と比べて体内へのCBDオイル吸収率が高い摂取法です。舌の下部にある血管から成分がすぐ吸収されるため、飲んだり吸引したりするよりも早くCBDオイルのすぐれた作用が得られます。

 

飲み物・食べ物に混ぜる

もちろん、牛乳やジュースなどの飲み物に混ぜたり、食べ物に混ぜて食事とともに摂取したりするのも手軽でおすすめです。その日の体調にあわせて摂取する量を調整して、コンディションを整えてください。

 

体に塗る

首や肩のこり、痛みやこわばりのある関節や筋肉の部位には、肌に直接なじませるとよいでしょう。オイルをなじませた部位にCBDがアプローチし、痛みをやわらげたりこわばりをほぐしてくれたりします。

 

「仕事中の肩こりが気になる」「気分転換したい」という場合には、持ち運びに便利なロールオンタイプのアイテムを選びましょう。いつでも気になるときにサッと塗布できます。

 

オイル以外のCBD(吸引/サプリメント)

CBD製品には、オイル以外にもさまざまなアイテムがあります。そのひとつが、CBDリキッドです。VAPE機器を使って過熱し、水蒸気になったものを吸引してCBDを摂取するというもので、スピーディーに効率よく摂取できるのがポイントです。リキッドにフレーバーがついているため、味を楽しみながら気分転換もできます。

 

カプセルタイプのCBDサプリメントは、いつでもどこでもCBDを摂取できる便利な製品です。飲む回数や粒数など、摂取量を自分で調整しやすいというのもメリットです。さまざまな濃度のカプセルがあり、「ストレスをやわらげたい」「朝スッキリ目覚めたい」など目的にあわせて選べます。

 

CBDオイルの適切な摂取量

CBDオイルの商品には、「CBD含有量」と「CBD濃度」が記載されています。含有量とはそのままCBD成分が入っている総量をさし、濃度はオイル総量に対してCBD成分が含まれている割合をさします。「CBDが高濃度だから効きそうだ」と選ぶ人もいるかもしれませんが、CBDが体に与える効果には個人差があります。

 

【推奨するCBD摂取量の目安】

・体重20~39kgの場合:9~15mg

・体重40~68kgの場合:12~18mg

・体重69~108kgの場合:18~27mg

・体重109kg以上:22.5~45mg

 

上記の範囲の中で痛みや疲労などの具合をみながら調整するのがよいでしょう。

 

※引用:初心者必見!CBDCBDオイルの摂取量は?含有量の計算方法も解説!|麻田製薬

 

CBDオイルを使用する際の注意点

CBDオイルはすぐれた作用をもちながら手軽に摂取できます。しかし、使用に際しては注意しなければならないポイントがいくつかあります。

運転前には使用を控える

CBDオイルにはリラックス効果がある反面、その日の体調や摂取量などによって摂取後に眠気を感じる可能性があります。事故を未然に防ぐため、運転前や運転中の摂取は控え、安全運転を心がけてください。

 

含まれる成分・品質を十分にチェックする

体に直接取り入れるものだからこそ、含まれている成分をよく確認し、安全性が高いものを選ぶことが大切です。海外から輸入されるCBDオイルのなかには、農薬や重金属など体にとって有害なものが混ざっている粗悪品も紛れ込んでいます。またTHCが混ざっている製品もあります。メーカーや販売会社が信頼できる企業かどうかもあわせて確認しましょう。

 

まとめ

CBDオイルはストレスや頭痛、肩こりなど、現代にありがちなさまざまな悩みに対してアプローチします。CBDオイル製品には、吸収率が高いものから手軽に続けられるものもあり、ストレスフリーな快適な生活をサポートします。目的や体調にあわせて、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

 

CBD Bankでは、CBD初心者から上級者向けのものまで、高品質なCBDブランドから選りすぐりの商品を扱っています。ぜひチェックしてください。

 

商品購入