CBDAとは?CBDとの違いから期待される効果まで解説

CBDA(カンナビジオール酸)は、大麻草に含まれる成分の一種です。近年、CBDAが持つ潜在的な効果に注目が集まっており、健康や医療の分野で研究が広がっています。この記事では、CBDAに期待される働きや、CBD(カンナビジオール)との違いについて、わかりやすく解説します。CBDAに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

 

CBDAとは?

CBDAとは、「Cannabidiolic Acid(カンナビジオール酸)」の略称で、大麻草によって作られる成分の一種です。体の各器官と相互作用し、さまざまな効果・効能を発揮しますが、THC(テトラヒドロカンナビノール)のような向精神作用はありません。大麻が合法である地域では、多くの人が健康のためにCBDAを摂取しています。

 

CBDAとCBDの違い

CBDはCannabidiol(カンナビジオール)の略称で、CBDAと同じく大麻草からとれるカンナビノイドの一種です。CBDAは未熟な大麻草に多く含まれますが、時間の経過や熱、紫外線によりCBDに変化します。CBDAはCBDの「前駆体」といえます。

 

CBDAもCBDにも向精神効果はありません。むしろ、これらには健康維持や美容への効果が期待されており、日本でもオイルやカプセル、バームといった形で流通しています。海外では、CBDAを生絞りジュースにして飲む方法もあります。また、CBDAはCBDよりも高い効果をもつ可能性も示唆されています。

 

CBDAの作られ方

CBDAの元となるのは、「カンナビノイドの母」と呼ばれるCBGA(カンナビゲロール酸)です。CBGAは大麻草内に存在する酵素によって、CBDA、THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)、CBCA(カンナビクロメン酸)の3つのカンナビノイド前駆体に変換されます。

 

これらの前駆体は大麻草の成熟とともに、時間の経過や熱、紫外線などによって「脱炭酸」という反応が進みます。この反応により各前駆体は分子内のカルボキシ基を失い、CBD、THC、CBCに変化します。

 

CBDAは何に含まれる?

CBDAやCBDは、大麻草の中でもTHC含有量が少ないヘンプの中に豊富に含まれます。CBDAは成熟とともに脱炭酸化が進み、CBDに変化します。そのため、特に未熟なヘンプや新鮮で生のヘンプから多く得られます。

 

収穫したてのヘンプ草にはCBDAが多く含まれています。それを生絞りでジュースにしたり抽出したりして摂取するのは、海外では一般的な方法です。

 

CBDAに期待される効果

近年、研究が進むCBDAには、CBDのような、あるいはそれ以上の効果がある可能性が示唆されています。ここでは、健康や医療の分野で期待される、CBDAの効果について解説します。

 

炎症および関連する痛みを緩和する

CBDAには、CBDと同様に抗炎症作用があるとされています。2008年に行われた研究では、CBDAの分子構造が、炎症の治療に使われる非ステロイド剤(NSAID)と似ており、NSAIDと同じように炎症に関する酵素(COX-2)を阻害することが明らかになりました。

 

酵素の働きを阻害することでエンド・カンナビノイド・システムと相互作用し、炎症や関連する痛みが軽減されます。

 

CBDAが抗炎症剤として役立つ可能性が示唆されたため、さまざまな疾患の炎症による痛みや発熱への応用が期待されています。

 

※参考:

大麻の選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害成分としてのカンナビジオール酸|国立バイオテクノロジー情報センター

 

化学療法誘発性の悪心・嘔吐を抑える

放射線や化学療法などの治療では、体内にセロトニンという神経伝達物質が過剰に放出され、悪心や嘔吐を引き起こします。吐き気は薬でのコントロールが難しいため、多くのがん患者のストレスとなっています。CBDAは、セロトニン受容体(5-HT1A)に作用するため、吐き気にも効果があるとされています。

 

2013年の研究では、CBDAはCBDよりも化学療法による吐き気に対する効果が高いことが明らかとなりました。実用化にはさらなる研究が必要ですが、抗がん剤による副作用を緩和できることが期待されています。

 

※参考:

カンナビジオール酸は、5-HT 1A受容体の活性化を促進することにより、ジャコウネズミの嘔吐とラットの悪心誘発行動を防ぎます|国立バイオテクノロジー情報センター

 

痙攣を抑える

CBDAは、吐き気だけでなく痙攣に対しても効果を発揮する可能性が期待されています。2018年に行われた研究では、セロトニン受容体に対して、CBDAはCBDの100倍の親和性をもっていることが示されました。そのため、単純計算でCBDよりも100倍の効果がある可能性が考えられます。

 

これは、CBDAはCBDよりもバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が高いため、より少ない労力で化合物ができることに基づいています。さらに研究が進めば、CBDAが強力な抗痙攣薬として活躍する日も来るでしょう。

 

※参考:

大麻治療と神経学の未来|国立バイオテクノロジー情報センター

 

うつ病による不安感や焦燥感を和らげる

CBDAはセロトニン受容体に作用します。セロトニンは感情や気分のコントロール、精神状態にも深く関わっており、うつ病による不安感や焦燥感を和らげる効果も期待されています。

 

2018年に行われた研究では、うつ病の動物に対して、CBDAが抗うつ薬として機能することが示されました。また、CBDAは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)という抗うつ薬と同じように、セロトニン受容体に作用する可能性も示唆されています。

 

※参考:

急性経口カンナビジオール酸メチルエステルは、うつ病の2つの遺伝的動物モデルにおけるうつ病様行動を軽減します|国立バイオテクノロジー情報センター

 

がん細胞の転移を防ぐ

CBDAは、がん細胞に作用し転移を防ぐ効果も期待されています。2012年に行われた研究では、CBDAが乳がん細胞(MDA-MB-231)の遊走を阻害する可能性があることが示されました。

 

また、2018年の研究では、CBDAが結腸がん細胞を殺すとともに、早期がん細胞の死を早めがん細胞周期を停止させたという報告もあげられています。まだ研究段階ではありますが、結腸がん細胞に対する効果だけでなく、ポリープの成長・増殖への作用も期待されています。

 

※参考:

繊維型大麻の主要なカンナビノイドであるカンナビジオール酸は、MDA-MB-231乳がん細胞の遊走の阻害剤です|国立バイオテクノロジー情報センター

 

CBDAのこれから

これまで、約10年間にわたりCBDAに関する研究が行われてきました。その結果、抗炎症作用や吐き気、うつ病の症状の緩和といった効果をもつ可能性が示されました。しかし、現状は研究段階であり、人への臨床試験による効果の実証はされていません。実用化するためには、さらに研究を進め、人体に対する効果や安全性を実証する必要があります。

 

イギリスのGW Pharmaceuticals社は、米国食品医薬品局(FDA)に炎症性皮膚疾患用とがん治療用のCBDA医療用特許を申請しており、実用化への一歩を踏み出しています。日々前進するCBDAの研究では、新たな効果がみつかる可能性もあります。

 

まとめ

大麻草からとれるCBDAは、いまだ研究段階ではあるものの、健康や医療に関するさまざまな効果が期待されています。摂取する方法もオイルやカプセル、バームなどさまざまで、日本でも流通しています。

 

CBD Bankでは、初心者から上級者向けまで、高品質なCBD製品を扱っています。睡眠やリラックス、スキンケア、ホルモンバランスの変化など、お悩みやライフスタイルに合わせて選べます。CBD製品に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

商品購入