CBDに副作用はある?デメリットや利用する際の注意点も解説

近年、CBD(カンナビジオール)は、心身の健康をサポートする成分として世界中で注目されています。しかし、CBDの原料は大麻草であるため、安全性や副作用を心配する人も多くいるのではないでしょうか。この記事では、CBDの副作用が気になる人に向けて、CBDの基礎知識や副作用を解説します。デメリットや注意点も紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

CBD(カンナビジオール)とは

まず、CBDとは何か、効果・効能、依存性の有無などについて解説します。

CBDとは

「CBD(カンナビジオール)」とは、大麻草(ヘンプ)の種子や茎から抽出される生理活性物質のひとつです。大麻というと不安になる人も多いかもしれませんが、いわゆる「ハイ」になる「THC(テトラヒドロカンナビノール)」とは別物であり、日本でも違法にはなりません。一般的には、オイルやカプセル、ペースト、グミ、バームなどに加工されて販売されています。

 

CBDの効果・効能

CBDは、てんかんや不安症、パーキンソン病、禁煙治療、統合失調症などに効果があるとして、科学的な有効性が確認されています。また、がんやうつ病、関節リウマチなどに対しても研究が進められています。このほか、抗酸化作用や抗炎症作用、鎮静作用、鎮痛作用、睡眠の質の向上といった効能も期待されており、健康や美容の分野でも注目を集めています。

 

CBDは日本国内で合法の成分

日本では大麻取締法により大麻草の葉や花穂、根の利用が禁止されていますが、種子や茎は対象外であるため、CBDは合法的に使用できます。分類としては「健康食品」に該当し、舌下摂取や経口摂取、気化吸入により摂取が可能です。ただし、精神作用を引き起こし、大麻取締法で禁止されているTHCが含まれないことが条件とされます。

 

CBDは依存性がない

「CBD=大麻草が原料=依存性がある」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、CBDにはマリファナやアルコールのような依存性はないとされています。離脱症状が起こったとしても、不安や興奮、機嫌の変化といった感情の増幅に限られる場合が多いです。

 

CBDの安全性は高い

CBDは、運動や心理的機能、心拍数、血圧、体温などに悪影響を及ぼさず、THCと比べて安全性が高いといわれています。その証拠に、最大で1日1,500mgを長期間摂取しても、身体に害を及ぼさないという研究結果も発表されています。市販されているCBDオイルの摂取量は1回10~50 mgであるため、用量を守っていれば過剰摂取にはならないでしょう。

 

CBDの副作用

CBDは日本でも合法的に使える安全性の高い物質ですが、次のような副作用が考えられます。

 

頭痛や下痢など

CBD製品は医薬品ではなく健康食品として扱われるため、輸入や販売に規制がありません。中には質の悪いCBD製品も含まれるため、副作用として頭痛を引き起こすことがあります。これは、栽培時や加工時に人体に悪影響がある薬剤を使い、大麻草が土に含まれる有害物質を吸収してしまうことが原因です。

 

また、健康被害があるほどの重症な副作用はほとんどありませんが、下痢や喉の渇き、ふらつき、食欲の変化、眠気といった症状が現れることもあります。

 

アレルギー症状

CBDの原料は大麻草であるため、植物アレルギーが出る可能性も考えられます。アーモンドやリンゴ、バナナ、グレープフルーツ、モモ、ナス、トマト、栗など大麻草のタンパク質と似た成分の食品アレルギーがある人は、慎重に摂取しましょう。しかし、WHO(世界保健機構)の報告によるとCBDの副作用でアレルギーが出ることは稀で、安全性は高いとされています。

 

薬物相互作用

薬物相互作用とは、複数の薬物を併用したときに、効果が増強または減弱したり有害作用が起きたりすることです。CBDは、肝臓において薬物の代謝や排泄を行う酵素の働きを阻害し、ほかの薬剤の効果を増強する可能性があります。

 

また、抗生物質や抗てんかん剤、抗うつ剤、ステロイド、抗ヒスタミン薬なども薬物相互作用を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。CBDをほかの薬剤と併用する場合は、必ずかかりつけ医に相談しましょう。

 

CBDに対するWHOやFDAの見解

2017年にWHO(世界保健機構)は、CBDについて「乱用や依存可能性を示唆する作用を示さない」「安全なプロフィールをもち、一般的に良好な忍容性がある」との見解を公表しました。また、2018年にはFDA(アメリカ食品医薬品局)が、CBDを主成分とした薬剤を正式に承認しました。

 

安全に使用できることが示されたため、今後研究が進めば、さらに用途が広がっていく可能性が考えられます。

 

CBDのメリット

CBDには、依存性がないだけでなく、ほかの薬物の依存症を軽減する効果もあるといわれています。2013年の研究では、CBDを10日間投与したところ、大麻の禁断症状が軽減したことが報告されました。また、タバコやアルコール、コカイン、ヘロインなどの中毒症状を改善したという研究結果もあがっています。

 

CBDのデメリット

CBDは安全性が高くさまざまな分野への応用が期待される物質ですが、メリットだけでなくデメリットも理解しておかなければなりません。

 

効果には個人差があり万能薬ではない

CBDは効果が認められているとはいえ個人差があるため、必ずしも期待する効果が現れるとは言い切れません。同じCBD製品を同じ量摂取しても、効く人と効かない人がいます。1カ月程度続けてみて、ようやく効果を実感できるというケースもあるでしょう。そのため、自分にあうCBD製品をみつけるまでに、時間がかかる可能性があります。

 

CBD製品の選び方が難しい

CBD製品にはさまざまな種類があり、たとえば同じCBDオイルでも、CBD含有量やCBD以外の成分、CBDの成分、栽培環境などによって品質は大きく左右されます。そして、CBD製品の輸入や販売に関する法整備はまだ整っていません。加えて、成分や検査結果の表記は大半が外国語であるため、製品の良し悪しの見極めは難しいでしょう。

 

日本では医療用大麻が認められていない

現状、日本では医療用大麻の使用は認められていないため、医療目的の場合は法律上種子と茎由来のものしか使えません。また、自分の心身の不調に対してCBDが効果的であったとしても、保険適応外であるためコスト面が負担になったり、高濃度の医薬品成分が使えなかったりというデメリットが発生する可能性があります。

 

CBD製品を購入・利用するときの注意点

高い安全性や有効性が認められているCBDですが、購入・利用するときには注意したい点がいくつかあります。

価格が安すぎるCBD製品は安全性に注意する

CBD製品は、抽出までの手間や徹底した品質管理などが必要であるため、高価なものが多くあります。反対に、安い製品は大量に大麻草を栽培するために汚染された土壌や危険な農薬を使い、製品自体も汚染されている可能性があります。まだ監査機関や法律の整備が整っていない状態であるため、価格が安い製品には十分注意しましょう。

妊娠中・授乳中の人は利用を避ける

CBDが妊婦や胎児、授乳中の乳幼児に与える影響についてはまだ研究が進んでいません。そのため、妊娠・授乳中の人は使用を避けましょう。どうしても使用したい場合は、自己判断せず医師に相談してください。このほか、血友病やパーキンソン病などの疾患を持つ人も、CBDの摂取は控えたほうがいいとされています。

2週間〜1カ月程度続けて様子をみる

CBDは薬のようにすぐに効果が現れるものではなく、少しずつ心身の不調を改善していくものです。用量や摂取方法によっても異なりますが、効果が現れるまでには数分から数時間、体内に蓄積されるまでには2週間~1カ月程度の時間がかかるでしょう。そのため、少量から始めて、自分にあう量を調節しながら続けることが大切です。

まとめ

大麻草の種子や茎から抽出されるCBDは、心身の健康をサポートする成分として世界中で注目されています。WHOやFDAも安全性や有効性の高さを示しており、日本でも合法的に使えます。

 

CBD bankでは、初心者から上級者向けまで、高品質なCBD製品を扱っています。質のよいCBD製品を使いたい、選び方がよくわからないという人におすすめです。目的や含有量、価格帯別に製品を探せるCBD BankのWebサイトをぜひご活用ください。

 

商品購入