CBDの種類

これからCBDの購入を検討している方には基本となる知識を得たうえで、安心してご購入、ご使用していただきたいと思っています。

そこでまず、CBD自体にはどんな種類があるのかご案内したいと思います。

 

CBDには大きなカテゴリーでわけると4つの種類があります。

 

  • ノーマルCBD

純度99%のアイソレートCBD(CBDクリスタルまたはCBDパウダー)と呼ばれるものをオイルなどに溶かしたもので、成分はCBDのみです。

 

  • テルペン配合CBD

CBDのほかに天然成分のテルペンが配合されており、アントラージュ効果(相乗効果)に期待ができる製品です。

 

  • フルスペクトラムCBD

CBDの他にも100種類以上のカンナビノイドや、テルペン、エッセンシャルオイルなどヘンプに含まれている天然成分をそのまま含んでいるものを一般的にフルスペクトラムCBDと呼びます。麻という植物そのものに一番近いタイプです。アントラージュ効果(相乗効果)により、CBDの効果をより一層引き出せると言われています。耐性が付きにくく、CBDの中でもハイクオリティなものなので、高価なものが多いです。

※日本国内で流通しているフルスペクトラムCBD製品のTHC含有量は非検出レベル。

 

  • ブロードスペクトラムCBD

フルスペクトラムCBDとほぼ同一成分ですが、カンナビノイドのすべてではなく、一部のカンナビノイドが含まれているものをブロードスペクトラムCBDと呼びます。

また、フルスペクトラムCBDとは抽出方法が違っていて、一度CBDを抽出したのちに、後からカンナビノイドやテルペンなどの成分を配合しています。手間のかかる製法です。ブロードスペクトラムCBDもアントラージュ効果が期待できるとされています。

 

CBD製品は、基本的には以上の4つのどれかということになります。

 

CBDの種類について簡単に紹介しましたが、少しずつでもCBDのことを知って、

自分に合ったお気に入りを見つけていただけたら嬉しいです^^