CBDの安全性

日本ではまだまだ認知度の低いCBDですが、
CBDは心身の健康に良い効果が期待できるとして、現在アメリカではもちろん、
日本でも注目を集め始めています。

以前にCBDとは何?で簡単にCBDについてお話ししました。

CBDとは?

でもCBDって本当に安全なのでしょうか。

CBDはヘンプに含まれる成分で、主要な成分のTHCとCBDがありますが、
両者の働きは全く異なります。

THCとは。
THCはテトラヒドロカンナビノールの略で、葉や花穂から抽出されていて酩酊状態や陶酔いわゆるハイの状態になったり、逆に、焦燥感や被害妄想など気持ちが落ち込むなどの症状がでる成分です。
また、依存性があるなど精神作用ももたらすとされ、
同じ効果を得るために、どんどん多くの量が必要になるなど、
長期的に影響を及ぼす可能性が高いとされています。

日本の大麻取締法で違法薬物とされ禁止されている成分です。

 

CBDは。
茎や種子から抽出されていて、運動や心理的な機能に影響を与えたり、
心拍数や血圧、体温などの変化も起こさず、THCのような精神活性作用がないことから、現在日本では、使用、所持が認められています。
産業用や医療用として幅広く使用されている成分です。
依存性についてもWHO(世界保健機関)が安全性を認めており、CBDには中毒性は一切ないことが保証されています。そのため乱用の心配はないとされ、現在症例もありませんので安心して使用ができますね。

 

2011年に行われた研究では最大で一日1500mgまでのCBDを
長期間摂取しても忍容性は良好であることがわかっています。

 

 実際に使用している私の例ですが、
CBDと出会ってからずっと使用し続けていますが、CBDに依存性を感じたことは一度もありません。

 

 また、スポーツ界でも注目され始めていて、
WADA(世界アンチドーピング機構)が発表した「2018年禁止表国際基準」からCBDが除外され、CBDについては安全であると認められました。
今となっては、CBDの効果を体感して、使用を公表しているアスリートも少なくありません。

 

このようにCBDは安全、安心な成分なのです。
CBDに依存性や、乱用の心配がないことがわかっていただけましたか?
むしろ、CBDはアルコールやニコチンによる中毒や離脱症状を緩和すると期待されているという話も注目されています。
こちらのお話は今度詳しくさせていただきますね。